三宅酒造株式会社

明治38年(1905年)創業。代表銘柄は粹府(すいふ)。高品質の米、高梁川の伏流水、おだやかな気候、古代吉備文化とめぐまれた環境のなかで地域に密着したこだわりの酒造りに励んでいます。酒造り文化、歴史の伝承、開かれた酒蔵を目指し酒造資料館の併設、絶滅していた酒米の復活、米作りから酒造りまで体験できます。

酒造資料館:酒造りに使用されていた古道具を数百点展示しています。係員の説明を聞きながらゆっくりとご覧いただき昔の酒造りの雰囲気を楽しみください。建物も200年ほど前に建てられた白壁の建物です。お酒の試飲販売も行っています。入館料は400円、休館日は第2,4土日曜日、月曜日、お盆、年末年始。

酒づくり大学:一般の皆様にお酒のことをもっとよく知っていただこうと会員制で毎年4月から翌年3月までの期間開催しています(会費:4000円)。酒米の田植え、酒の仕込み、瓶詰めまでの全工程の他お酒にまつわる色々なことが体験できます。

蔵開き:毎年12月と3月初旬の日曜日にその年の新酒のご披露のため開催しています。新酒の試飲、ご購入が可能です。

【営業時間】9:00~17:00
【休 業 日】土、日曜日、祭日、お盆、年末年始
【電話番号】0866-92-0075